Counter

東京エレキングスポーツ
東京エレキングスポーツ社
平成18年11月26日


  風祭力投112球!洲崎4得点!惜敗ながら大収穫

試合アルバムを見る

 11/26 中島プレゼン招待試合 哲学堂球場B 試合開始19:00
TEAM  
東京エレキング   10 10
ムサシノ広告社 ×   11

 この日の早朝に上井草運動場でおこなわれた対レジデンス戦を10−8で制し、見事球団初勝利をあげた我らがエレキング。過酷な変則トリプルヘッダーを1勝1敗のタイに戻し、なんとか勝ち越し、そして連勝を狙うナインは、昨夜の熱戦冷め遣らぬホーム哲学堂に戻り、ムサシノ広告社を迎え撃つこととなった。エレキングの先発は大方の予想どおり風祭。初登板となった先日のプラップジャパン戦を、敗戦処理ながらも3回1失点の好投で切り抜け、見事首脳陣の期待に応え、一躍エレキング投手陣の柱的存在に躍り出た。それ故にこの日の初先発には、ファン・マスコミは勿論、エレキングベンチも俄然注目する一戦となった。そんな盛り上がりをみせるエレキングナインに突然のハプニングが起きたのは試合開始直前のこと。相手ベンチの選手登録に欠員が出るという緊急事態に、揺れに揺れるエレキングベンチ。双方首脳陣、コミッショナーの話し合いの結果、特別コミッショナー裁定により、エレキング側から中島選手の1試合限定レンタルトレードが急遽決定した。球場内スピーカーで、この日の主審である香取審判からこの発表がコールされると、スタンドは騒然、一部エレキングファン席からはため息が聞かれたが、なんとか没収試合は避けたいコミッショナーによる事情説明が観客に向けて発表されると、スタンドの一部からは拍手とともに「ナカジマコール」の大合唱が沸き起こった。3番&正妻という攻守の要を開始直前に欠くというピンチに、動揺を隠せないエレキングベンチであったが、なんとか連勝・カード勝ち越しを狙うナインは初先発・風祭を援護すべく、プレイボールの声と同時に一気に攻め立てた。この日1番に座った洲崎が内野安打で出塁すると、一死後、大沼が四球を選び、得点圏にランナーを進める。兼盛が倒れるものの、前2試合でようやく当たりの出てきた、この試合5番に座った羽鳥が豪快に2ベースを放ち、2点を先制する。この援護を受けマウンドに登った先発・風祭は、立ち上がり制球に苦しみながらもなんとか1点で切り抜け、リードを保つ。ところが調子の上がらない風祭は、2回に早くも掴まる。前回登板時に比べ、明らかに制球が定まらない風祭は、この回、連続四球で走者を許すと、効果的な安打を浴び、この回一気に4点を奪われる。突然のエースの乱調に、ブルペンも騒然としたが、3回に羽鳥のこの日2本目のタイムリーで1点を味方が返すと、なんとか従来のペースを取り戻し始める。3回に1点を失うも、4回はキッチリと相手打線を封じ込め、3点ビハインドのまま、味方打線の援護を待つ態勢に戻した。そんな風祭の力投に打線が応えたのは直後の5回。先頭の洲崎が死球で出塁、つづく風祭が相手失策で生きると、大沼の内野ゴロでそれぞれ2・3塁に進み、兼盛の三塁ゴロの間に洲崎が生還でまず1点。つづく、この日ここまで3打点で完全に波に乗っている羽鳥が、猛打賞となるタイムリーを鮮やかにレフト前に弾き返し、これで風祭が帰り5−6の1点差に詰め寄る。なおも攻撃の手を緩めないエレキングはつづく早川もレフト前に打ち返し、走者を溜めると、この日途中出場でこれが最初の打席となる嘉村が、フルカウントから三塁線に引っ張ると、これがタイムリースリーベースとなり、走者2人を帰し逆転に成功。この回4点を奪い返し、7−6とリードした。しかしながら、ここからは両軍ともにシーソーゲームの展開をみせる。疲れが見え始めた風祭は、リードした直後に1点を失うと、6回に味方の反撃でリードを貰うも、直後にまたも同点を許す。6回を終了してこの時点で8−8のタイスコア。勝敗は最終回に持ち越された。なんとか勝ちたいエレキングは、この回最後の踏ん張りをみせる。先頭の嘉村が四球を選び勝ち越しのランナーとして出ると、次打者・田中の打席でスタート。ここでがら空きになった1・2塁間に弾き返し、ついでに相手守備がもたつく間に一挙生還。これで勝ち越すと、その後も動揺する相手守備のスキを突く走塁で、田中も帰り、この回2点のリードを奪った。完全に主導権を握ったエレキングは最終回のマウンドを風祭から大沼にスイッチ。この新・勝利の方程式で完全に逃げ切りか?と誰もが思った最終回。しかしこれが完全に裏目に出る。マウンドに登った大沼は、いきなり先頭打者を歩かせると、次打者も歩かせ同点の走者を許す。そして、3人目の打者に球が甘く入ると、これをはじき返され、あっと言う間に同点にされる。その間打者は一気に三塁まで進み、瞬く間に逆転の大ピンチに。完全に主導権を奪い返されたエレキングにここでとんでもないエラーが出る。三塁走者を牽制した捕手の送球が大きく逸れ、これを見ながら三塁走者がゆっくりとホームイン。憐れ、逆転サヨナラ負け。勝利目前のまさかの逆転劇に、茫然自失のエレキングナイン。しかしながら、肩を落とすナインにスタンドからは暖かい声援が送られた。試合自体はこれまでに無い粘りもみせ、女子選手初の安打を近藤が放つなど、随所にファンを沸かせる場面もつくった。また、中島のまさかの欠場と、山賢&加藤の主軸を欠く戦力でこの内容は、むしろ大健闘の部類。この二日間のトリプルヘッダーを1勝2敗で終えたエレキングだが、選手達の目にはなにかをやり遂げた満足感と達成感が漂い、この3連戦で明らかにチームは大人に近づいたのは誰の眼にも明らかであった。

勝利 セーブ 敗戦 大沼1敗
本塁打  
P 13-2
風祭−大沼

選手 成績 得点 打点 盗塁
E 洲崎 2-2 4 0 二安 - 左安 - 死球 四球 四球 2
@・5 風祭 5-0 1 0 三ゴ - 遊飛 - 三失 三振 三振 0
G・1 大沼 4-1 1 1 四球 - 捕飛 - 一ゴ 一安 三飛 1
B 兼盛 2-0 0 1 一飛 - 四球 - 三ゴ 四球 - 1
D・7 羽鳥 3-3 1 4 中2 - 左安 - 左安 四球 - 0
F・8 早川 4-1 1 0 左飛 - 三ゴ - 左安 遊ゴ - 0
C 本田 2-0 0 0 - 遊ゴ - 三振 0
9 嘉村 1-1 1 2 - 左3 - 四球 0
H 近藤 3-1 0 0 - 投ゴ - 投安 投ゴ 0
DH・4 鵜飼 3-0 0 0 - 投ゴ - 投ゴ - 投ゴ - 0
A 田中 1-1 1 1 - - - - - - 中安 1
チーム計 .333 30-10 10 9 5-2 3-0 5-2 3-1 7-3 4-1 3-1 5
失策:羽鳥2 田中1    盗塁死:鵜飼1  盗塁刺:  補殺:
残塁:M(?) E(7)
*補殺は捕手・外野手によるもののみ記録
選手 球数 打者 安打 本塁 三振 四球 死球 失点 自責 防御率
風祭 6 112 35 7 0 3 6 2 8 4 4.66
大沼 1 14 3 1 0 0 1 1 3 2 14.00
チーム計 7 126 38 8 0 3 7 3 11 6 6.00
暴投:  ボーク: