Counter

東京エレキングスポーツ
東京エレキングスポーツ社
平成18年9月15日


  楽天に続き新球団「東京エレキング」誕生!
公式球団歌を歌う杉良太郎。開幕戦で杉様節が炸裂するのか。 15日午後、中野区鷺宮の杢太郎商事内の球団本社にて開幕戦と支配下選手の発表がおこなわれた。10月21日上高田球場と22日哲学堂球場での新球団旗揚げ戦は「東京エレキング・オープニングシリーズ」と銘打たれ、豪華ゲストで色を添える。記念すべき第1戦は始球式に石原慎太郎東京都知事、国家斉唱には公式球団歌「すきま風」を歌う杉良太郎が登場。つづく第2戦は始球式に林家ペー、国家斉笑は林家パー子が務め、4回裏終了時ハーフタイムには、エキシビジョンマッチとして、亀田史郎vsやくみつる戦がおこなわれる。なお、開幕戦の模様はPPVで全米に向けても配信される事もあわせて発表された。
また、開幕戦概要の発表に先立ち、杢太郎GMから新球団フロント・スタッフ陣と支配下登録選手の発表も同時に行われたが、最大の注目は、球界初のチワワGMとなる杢太郎氏と、これも球界初となる女子選手の存在だ。前身球団ダークホースからのフロント陣を一掃、渉外・編成部門も包括する全権GM体制を発表した杢太郎氏。ただし、多忙な職務の中での陣頭指揮も考慮し、同時にGM補佐のポストを新設。同ポストにはこれも球界初となるプレイングGM補佐として、同球団の嘉村佳眞外野手(32)が就いた。球団広報には上記嘉村選手の兼任と小久保秀雄氏(41)の招聘があわせて発表され、コーチ陣にはヘッドコーチに田中大輔外野手(31)、守備走塁コーチに山田賢一内野手(32)が、おやつ係には加藤泰宏内野手(32)がそれぞれ選手兼任として就任。打撃、バッテリー両コーチは後日発表される。また現場での最高指揮官である監督のポストには嘉村選手が就任か?との一部マスコミ報道に対し、この日、本人は真っ向からこれを否定。あくまで現役にこだわる嘉村選手と、早いトコ引導を渡したい一部フロントとの確執がはやくも表面化した形となった。「これで監督人選は振り出しに戻った」とする球団関係者の声もあり、今後の監督人選に影を落とすことは確実だ。新球団は難題を抱えた船出となりそうだ。
 第二戦を飾るふたり
全世界でも例をみないチワワGMとなった杢太郎氏。世界戦略の先にあるのは?

鵜飼良子内野手
リーチを活かした打撃でアマ日本一3度に貢献。大砲不在の新球団では中軸打者としてその打棒に注目が集まる。
本田佳子内野手
早くも「仁志二世」の呼び声高い’ミス・アマ野球’。WBCではアマ唯一の選出。史上初の「開幕戦女子スタメン」が期待される
今回の新球団誕生のもうひとつの話題は3名の女子選手の誕生であろう。「ダブルよしこ」の愛称でアマチュア球界屈指の黄金コンビとして昨年末のドラフトでの巨人、ヤクルトの争奪戦が記憶に新しい鵜飼、本田両内野手と、04年米大リーグ・ヤンキースで打率.278(89試合)をマーク、今季はヤ軍傘下3Aでここまで.321、18HRを記録している近藤里恵子内野手という人気・実力ともに話題性十分な補強を展開した。すでに球団広報ではこの3名のグッズ販売も決定。二人の身長差と同じ長さ調整可能な「ダブルよしこ突っ張り棒」と近藤選手の地元酒造メーカーによる「清酒・ひだりごろし」は開幕直後に通販にて販売される。なお、近藤選手の契約は来週の帰国後となる模様。